コンサート履歴へ
第15回 石田組





      演奏中はアイメイトも聴衆です      階段もしっかりと誘導します
14名のアイメイトペアがグッズの贈呈をしました 使用者さんは休憩中でも アイメイトはいつでもスタンバイ


 お待ちかねの【石田組】登場!!

2016年4月3日(日)、さくら通りの桜が満開の中、第15回みなとみらいアイメイトチャリティーコンサートが開催されました。
今年の出演は、神奈川フィルハーモニーのソロ・コンサートマスター石田泰尚さん率いる【石田組】、ヴァイオリン6本、ヴィオラ6本、チェロ3台、コントラバスとチェンバロ、男性のみの14名編成です。

開演前に、主催者より(公益財団法人)アイメイト協会とアイメイト協会同窓会(アイメイト使用者の会)に第14回の収益 3,335,114円が贈呈されました。
この寄付金は、アイメイトの育成およびアイメイト同窓会の声のお便り「ひろば」収録のための機器購入等に使われます。

いよいよ開演です。
第T部は、弦13名の演奏による グリーグの組曲「ホルベアの時代から」とヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの3名による シューベルトの弦楽三重奏曲第2番の2曲。
第U部では、弦13名にチェンバロが加わり、ヴィヴァルディの「四季」全楽章を演奏。
石田組の繊細で優美な音、熱い演奏にため息が漏れ、会場は「ブラボー!」の掛け声と指笛で大変な盛り上がりでした。

プログラム終了後に、14名のアイメイトペアから14名の出演者にグッズの贈呈がありました。
贈呈後、使用者の指示でアイメイトが誘導して階段を下りる様子を出演者が見守ったり、サポートをしたりしてくださり、アイメイトの仕事ぶりをお客さまにも見ていただくことができました。
その後のアンコールでは、U.K.の Caesar's Palace Blues を演奏、大いに盛り上がって大興奮のうちに今年のチャリティーコンサートも幕を閉じました。
今年もたくさんのご協力をいただき 1,772 枚ものチケットを販売できました。
皆さまの多大なるご支援に対し、心より感謝申し上げます。

2017年のゲストは IL DEVU【イル・デーヴ】を予定しております。
4人の歌手とピアニスト、5人で総重量500kg(?)の太メンによるスーパー・ヴォーカル・ユニットです。
日本のオペラ・声楽界を代表するオペラ歌手で、マイクレスで歌う4人の圧倒的な声量とダイナミックな歌唱表現は聴く人を圧倒します。
チケットの発売は 12月中旬を予定しております。
引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。



横浜アイメイト支援基金