コンサート履歴へ
第11回 加藤 登紀子 さん




写真:アイメイト協会理事長とアイメイト協会同窓会会長に横浜アイメイト支援基金事務局長より寄付の目録をお渡ししました たくさんのアイメイトペアがステージに上がり、加藤登紀子さんと一緒に知床旅情を歌いました


第11回みなとみらいアイメイトチャリティーコンサート【加藤登紀子〜アイメイト〜とともに】も、たくさんの皆さまにお越しいただき、和やかな雰囲気の中で終えることができました。
皆さま方の変わらぬご支援に、心より御礼申し上げます。
今回は、加藤登紀子さんのブログとコンサート後に寄せられました応援メッセージをご紹介いたします。

◆まずは加藤登紀子さんのブログより◆ http://www.tokiko.com/index_tokikonow.html
* 2012-3-19
今週はまた週末にすごいコンサートがある。
横浜のみなとみらいホールでアイメイトの人たちを応援するコンサート。実際に盲導犬を連れた方が40人以上来られ、ステージでもいっしょにコーラスすることになっている。
先週、この中の数人が事務所まで来られたくさんのお話を聞いた。 「犬アレルギー」とかを理由にカフェやレストランやホテルがアイメイト同伴の盲人の方の受け入れを拒否されることが多いという!全く不寛容な社会よね、日本は。 それでも彼らは堂々とひとりで旅もし、仕事もし、子育てもしている!!
本当にすごいね。 いいコンサートにしなくちゃ!

*2012-3-27
さて、先週末の日曜日、みなとみらいホールで行われたアイメイトのチャリティコンサートは感動的なステージになりました。
目が見えなくてもひとりで自活して旅行も出来るし、子育ても出来る!! 積極的な生き方をしていくことで、いい家族とのつながりや社会とのつながりをもっともっといいものにしていこう、という人たちの熱情あふれるコンサートになりました。
90分の本格的なステージ!! 2000人近くの人が集まった客席にはアイメイト(盲導犬)といっしょに参加して下さった方々も熱心に歌を聞き、受け止めて下さり、フィナーレの最後には熱い拍手の中、たくさんの方がアイメイトに導かれてステージに上がって大合唱になりました。
生きることの素晴らしさを改めて感じることが出来たし、困難を越えて来た人たちの素晴らしい笑顔に逢えてうれしかった!!


◆ご来場のみなさまより◆
*25日の加藤登紀子さんのアイメートチャリティー・コンサートはなかなかよかったですね、久しぶりにしみじみと人生を感じる歌声を聞かせていただきました。 それも本当に至近距離でですから!
当日は会場に40数頭のアイメイトが集まったということですが・・・・・・、すごいですね!
それにしてもアイメイトたちが会場の雰囲気にまったくとけこんでいて何の違和感もかんじさせない、さすがー!と思いました。
私たち前列に並んだ者たちはごほうびだったでしょうか、いっぱい握手もしていただきましたし、ステージの上でアイメイトともども私たちも加藤さんと一緒に「しれとこ旅情」を歌わせていただきました、とても心温まるコンサートでした。
私のお隣の席に腰をかけていたユーザーさんはとても「良いコンサートでしたー!」と感激していてくださり、それも今回参加してうれしかったことのひとつでした。
関係したスタッフのみなさんにはとても感謝です。

*加藤登紀子のコンサート、大変楽しませていただきました。 また、アイメイトたちのお行儀のよさには感動しました。
思いやりと、やさしさと、絆と生きることの大切さなど、彼女の力強さを味わいました。ありがとうございました。

*こんなに心に残るコンサートを企画していただいてありがとうございました。 今、昨日買い求めた「シャントゥーズ」のCDで加藤登紀子さんのぬくもりのあるシャンソンの歌唱に浸りつつ、このお手紙を書いています。  
私は同じまちに住んでいるもう一人のアイメイト使用者、それに彼女のお友達の3人で行きましたが、JR線桜木町駅で下車した途端に支援基金のメンバーの方が声をかけてくださって、不案内なところに下り立った不安が一気に解消しました。
皆様のお力添えで加藤登紀子さんが、お忙しいスケジュールの間をぬって来てくださったこともうれしかったです。また、曲の演奏中加藤さんが舞台を下りて、アイメイト使用者一人ひとりの手にご自身の柔らかい手を重ねてくださったことにも、とても感激いたしました。
コンサートに行って出演者にこんな心のこもった「温かいおもてなし」をしていただいたのは初めてです。
たくさんの方々の、そしてたくさんのアイメイトの溢れる愛に浸りつつ帰宅しました。皆様、本当にお疲れさまでした!!

*チャリティー・コンサート思いっきり楽しませていただきました。大成功おめでとうございます。御苦労の甲斐がありましたね。
毎年伺っていますが 今年は特に温かく、優しく、和やかな良いコンサートだったと思います。登紀子さんのお人柄ですね。
舞台に上がったみなさんが舞台から降りられるまで ずっと見守っておられたのが印象に残りました。

*今日は加藤登喜子さんのコンサート、とても暖かな春の陽射しの中をすてきにおこなわれました。
登喜子さんも何時とは違う感動のステージになったのではないでしょうか? これで、終わりと言いながら30分も延長して、最後はアイメイトたちもステージにたくさん乗ってフィナーレらしい曲を歌って下さったのに、さらに「しれとこ旅情」も歌って下さいました。
40数頭のアイメイトたちが観客に混じっていたようですが、今年初めて来てくれた友から感動のメールもいただき私も少し興奮しています。
まだまだ、加藤登喜子さんのシャンソンの声が耳に残って興奮がサメマセン。 ありがとうございました。

*あの感動から早1週間 スタッフの皆様お疲れ様でした
加藤登紀子さんの言葉ではありませんが 素敵な企画をほんとうにありがとうございました
回を重ねるごとに充実感が増して行く!と感じるのは私ひとりではないと思います
会場に降りて肩や手に触れてくださった加藤登紀子さん ステージにアイメイトと一緒にあがったユーザー達 そのユーザーが降りる時には気をつけてと声を掛けてくださった加藤登紀子さん 暖かさを垣間見たコンサートでした
休憩時間が無かった1時間半 最初から最後までひとつに繋がった気を抜く間もない1時間半 その1時間半 長いはずなのにあーっという間 あの日の感動!
1週間経った今でも心に耳に残っている私 忘れることの出来ない1頁として記憶に残しておきます 今回もたくさんの方々のサポートいただけたことにも感謝です ほんとうにありがとうございました
私達ユーザー いろんな方々の協力があってこそアイメイトと歩けることを忘れてはいけない
第12回のコンサートを楽しみにアイメイトと歩いて行きます 。
福岡から出向いて行った甲斐があったコンサートだったことを感謝しています。

*加藤登紀子さんのコンサート、私たちの仲間皆さんに大評判でした。 どの歌も胸を打ち、とても癒され、心に残る至福の時間、素敵なコンサートに感動・感謝 いたしております。(視覚障害者のグループ40余名)

**************************************
今年も(公財)アイメイト協会へ 3,028,004円の寄付と、アイメイト協会同窓会(アイメイト使用者の会)に レーザープリンタとデジタルカメラ、メモリーを寄贈いたしました。
これもひとえに皆さま方のご理解とご支援の賜物と、深く感謝申し上げます。
改めて御礼を申し上げますとともに、引き続きのご支援を謹んでお願い申し上げます。


横浜アイメイト支援基金